貸金業・金融業者の
融資審査


貸金業・金融業者の融資審査は申し込みをするとまず申込情報が正しいかどうか確認するために加盟している個人信用情報機関に照会します。照会の内容は「氏名・生年月日・登録申し込み情報・借入件数・借入額・返済状況」などになります。

照会すると同時に、申込をしたという情報が加盟している個人信用情報機関に登録されます。この申込情報が沢山あると審査に通りにくくなる「申込ブラック」という状態になります。

審査でダメな理由は、虚偽の申込登録をした。他社借入件数を超えている。延滞や破産などがブラックと言われ、ブラックではまず融資は受けられません。


キャッシング情報top